【お絵描きミニマリスト】パッキング術アートイベント搬入編+With Earth@博多阪急8F

【お絵描きミニマリスト】パッキング術アートイベント搬入編+With Earth@博多阪急8F

博多阪急にて開催!ゴミを使ったアートイベント「with earth」。
会期前に搬入をしてきました。
博多駅は人が多いからなるべくミニマルに…
と工夫したパッキングとともに、搬入の様子をご紹介します。
(記事の内容は一部動画と異なります。基本的に夕方のインカム画像なので低画質です・・・)

まずは小さめ・薄めの展示作品とグッズを詰め込んでいきます。

ソフトキャリーに荷造り
明らかに閉まらなさそうだけど…
ソフトキャリーに荷造り
立てればギリギリ閉まるのがソフトキャリーの良いところ。

キャリーバッグはミレストのFLOPPY(廃盤)。
容量30L、階段ではショルダーバッグにもできて便利です。
なぜ30Lなのかというと、機内持ち込み可だから。
とはいえ搬入には心もとない容量だし、一部のLCCではギリギリNGなサイズでもあるので、次買うなら思い切って大きめのにするかもしれません。
小荷物ならこのキャリーよりもたくさん入るバックパックもあるし。

それに対して、これから立体作品を入れるサブのボストンバッグ(同じくミレスト)は容量45L。
この容量が、パネルや立体物の持ち運びに便利なのです。

立体作品搬入テク(廃材アートの場合)
バッグから何か生えました。
キャリーケースの上にボストンバッグ
30Lのキャリーの上に、45Lのバッグが乗ります。
見た目がアンバランスです。


これを持って博多駅へ向かいます。
夕方〜夜の搬入だったのですが、通勤ラッシュの地下鉄博多駅は、寿司詰めどころか電車を見送らなければならないほど混み合うので見送りました。
大荷物を運ぶなら、本数の多いバスがおすすめです。

キャリーケース用のボストンバッグ
博多の街をキャリーを引いて歩きます。
重みのせいか、ボストンバッグがキャリーバッグに乗らずひっくり返っています・・・。
博多駅待ち合わせ場所
搬入の待ち合わせ場所に着きました。
UUU計画の宇井さん
今回のイベント主催、UUU計画(ユー計画)の宇井さん


冒頭でも書いたように、今回のイベントはゴミをアートに生まれ変わらせ、環境について考えるもの。
といっても見るからに「廃材だな〜」というものばかりではなく、絵描き・写真・立体造形・服飾デザインなど、それぞれの得意を生かした美しい作品が並びます。

廃材アート:with earth(博多阪急8F)の旗
宇井さん作の旗。
廃材アート:ジャケット
メッセージ性の高いジャケット。
廃材アート:和仁ひかりさんの作品
普段から廃材を使って作品を制作されている、和仁ひかりさんの作品。
廃材アート:ハギレを組み合わせた服
ハギレを組み合わせた服。
キオクの木バコ

私、おばまの作品はこれ。
「キオクの木バコ」というタイトルで

過去作品をコラージュ。

よく見ると過去作品がコラージュされています。
これは「死蔵している作品は、誰にも見られないのであれば存在しないと同じ=ゴミと同じ」というコンセプトで、誰にも(作者にすら)見られない作品群をゴミに見立てたもの。

おばまえりかのグッズはこちら。
物販もあります。盛りだくさん。
フクミヤサオリさんの「きのこ」グッズ。
中でもフクミヤサオリさんの「きのこ」は、問答無用でオススメです。
百聞は一見に如かず。まずは見て!
ミス・アース・ジャパン福岡タイアップ
ミス・アース・ジャパンとのコラボイベントなのです。

この他にも、「with earth」では意外性のある作品がたくさん展示されています。
博多近郊にお立ち寄りの際は、ぜひ足をお運びください!

【with earth】
日時:2019年9月18日(水)〜24日(火) 12:00〜19:00
会場:博多阪急8Fユトリエ