【台湾】さくらちゃんのicashカードが可愛くて電車もバスも乗れてお買い物にも使える(ただしセブンイレブン限定)

【台湾】さくらちゃんのicashカードが可愛くて電車もバスも乗れてお買い物にも使える(ただしセブンイレブン限定)

前回「台湾のアートシーンをカワイイが席巻している」
とお伝えしました。
今回は街中でつい買ってしまったカワイイ(それも日本のキャラ)のお話です。

見よ!台北駅チカのサブカル侵食っぷりを!

まずは台北駅付近の様子をご覧ください。

なんと言っても台北駅付近と、そこから徒歩で行ける西門(東京でいうと渋谷らしい)は
地下街が、街角が、オフィシャルでこんな状態です。

カワイイ、というかサブカルが広く受け入れられている
というかもはやスタンダードなのがお分かりいただけるでしょう。

台北駅チカのサブカル侵食っぷりが凄い。台湾・台北駅地下街のスマホゲームの広告がアニメでマンガでオタクな感じ。
PS4とスマホゲームの広告に囲まれて歌うミュージシャン。哀愁のある歌声でした。
台北駅チカのサブカル侵食っぷりが凄い。台湾・台北駅地下街の公式キャラクターがアニメでマンガでかわいい。
このイラストはどうやら台北地下街公式らしい。
台北駅チカのサブカル侵食っぷりが凄い。台湾・台北の銀行のカードがLINEスタンプで有名なカナヘイさんの小さな小動物たちのピスケ&うさぎ柄デザイン。
銀行のカードがカナヘイさん。
台北駅チカのサブカル侵食っぷりが凄い。台湾・西門の商店街がアニメでマンガでゲームでオタクな感じ。
西門の商店街(早朝)。ゲーセンとガチャだらけでした。

セブンイレブンで買える交通系ICカード、icash 2.0

コンビニもこの状況です。
こちらトレーディングカードではございません。

台湾のコンビニ、セブンイレブンで買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、icash 2.0。日本のマンガとのコラボが多い。ONE PIECEとかハローキティとか。
ONE PIECEとか、サンリオ系とか。

電車やバスに乗る時に使える『悠遊卡(Easy Card)』と『icashカード』です。
SuicaやPASMOなどの台湾版ですね。

両者交通系としての機能は同じですが、買い物では『悠遊卡』がどこでも使えるのに対して、『icashカード』はセブンイレブンでのみ決済可。
取り扱いもセブンイレブン店頭のみ。
電車やバスに乗れるnanacoと言えば良いでしょうか。

さくらちゃんのicashカードを固着(セキュア)!

私が手に入れたのは『カードキャプターさくら クリアカード編』のicashカード。TW$100(約350円)。
なんと今月(2019年10月)発売されたばかりの新作デザインでした。
ケロちゃんのもあるみたい。

台湾のコンビニ、セブンイレブンで買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、icash 2.0。カードキャプターさくらクリアカード編の絵柄をゲット。透明で透けるデザイン。
きゃわいい!私も昔ローラーブレードに名前書いて履くほどファンでした(笑)
(というかさくらちゃん本来同世代のはず… 中学時代にスマホが在る…とは…)

透明なデザインがクリアカードらしく美しいです。
アニメ序盤しか観てませんが。

台湾のコンビニ、セブンイレブンで買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、icash 2.0。カードキャプターさくらクリアカード編の絵柄をゲット。裏面のデザイン。
裏面にはカードのシリアルナンバーなど。

ところで、icashは利便性こそ悠遊卡に比べ利便性は劣りますが、電車やバスには問題なく乗れます。
キャッシュレスならクレジットカードもLINE Payも使えますし、豊富なデザインがコンビニで手軽に入手できるのが魅力ですね。

台湾のセブンイレブンで買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、icash 2.0。カードキャプターさくらクリアカード編のデザインがコンビニで吊られている様子。
パッケージも凝ってます。

なんて言ってますが、悠遊卡を買ったつもりがicashだっただけです・・・。
(どうせなら買い物で使いやすい方がいい)

実際に使ってみました

台湾のセブンイレブンで買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、icash 2.0。カードキャプターさくらクリアカード編のデザインを地下鉄改札で使ってみた。
電車にもバスにも「ピッ」で乗れます。
台湾のセブンイレブンで買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、icash 2.0。カードキャプターさくらクリアカード編のデザインを自動販売機で使ってみた。物販にも使える。
セブンイレブン系なら自販機でもキャッシュレス決済可。

まあ、普通のICカードです。
なんら特別なことはありません。

強いて言えば、台湾の地下鉄の改札を通る時は

カードの全体をリーダーにしっかり押し付けましょう

ということくらいでしょうか。

全体を少し浮かせた状態だとうまく反応しませんでした。

デザインが自由すぎるカードたち

この手のカードにはキーホルダー型の物もあります。
話によると、モンスターボール型のカード(光るらしい)もあるのだとか。
色々なキャラクターとのコラボは見ていて楽しいですね。

台湾のコンビニ、セブンイレブンで買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、icash 2.0。日本のマンガとのコラボが多く、キーホルダー型もある。ハローキティのデザイン。
キティちゃん、浸透しすぎて台湾のキャラだと思われていました。
台湾のコンビニ、セブンイレブンで買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、icash 2.0。日本のマンガとのコラボが多く、キーホルダー型もある。くまモンのデザイン。
くまモン、もはや全国のご当地キャラですらないモン!?

ちなみに桃園空港駅で買える普通の悠遊卡はこのデザイン。
路線図が便利です。

台湾の地下鉄桃園国際空港駅で買えるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、悠遊卡(Easy Card)。地下鉄路線図のデザイン。
便利だけどいかにもないかにも感。

払い戻しにはご注意を

これを使うために駅で手持ちの悠遊卡を払い戻したんですが。

なんと払い戻し後のカードは

再チャージも含め、一切使えなくなってしまいます。

台湾のSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のような交通系ICカード、悠遊卡(Easy Card)とicash 2.0は払い戻すと永久にチャージできなくなります。デポジットもないので、帰国前に使い切るのをオススメします。
「使えるお土産」にしたかったのに。想定外でした。

カード本体も買切りで、日本のようにデポジット制ではありません。
帰国時に残高を空にしたい場合は、再利用も考えて使い切りをオススメします。

三越ではカードキャプターさくら展も

今、さくらちゃんは台湾で大人気なのだそうで。
10月23日からは台北の三越でカードキャプターさくら展が始まっています。

台湾・台北の三越で2019年10月23日〜11月24日まで開催される「カードキャプターさくら展」の店頭告知看板。
告知がでっかい。

こちらも見てみたかったんですが、私は会期前日に帰国だったのでした。
残念。
でもこの大々的な扱われっぷりが見られたのでよし!です。